裁ちばさみ

裁ちばさみ=羅紗切鋏(らしゃきりばさみ)

羅紗を切るから羅紗切鋏という説があります(羅紗=羊の毛で織った織物で、地が厚く、折り目の細かいのが特徴)。

羅紗切鋏の歴史は意外に新しく、幕末から明治のはじめに、ミシン、洋服、裁縫の伝来とともに日本に入ってきました。大きくて重い西洋の羅紗切鋏を、日本人の手になじむように手作りで改良されたのが、今日の裁ちばさみです。

表示は上から 品番、商品名、価格 となっています。商品名の数字は全体の長さですが、手仕事のため誤差があります。

ときどき油(ミシン油など機械油)で拭いていただくと、切れ味が長持ちします。  

MTB003

裁鋏 水月 20cm 3,200円
(持ち手は黒になってます)

MTB046

裁鋏 茂平 24cm 4,200円

 

タイトルとURLをコピーしました